.BASICが綴るブログ

京都の風景を描いたタイル絵が素敵な銭湯、長者湯。

 

みなさん、こんにちは。

 

今回は、京都市上京区にある銭湯、長者湯をご紹介。

 

映画「舞舞妓Haaaan!!!」の撮影にも使われたこちらの銭湯は、大正6年創業の京都の老舗、長者湯。昭和11年に改築されたその外観が今でもそのまま残っていて、このレトロな建物は「歴史的意匠建造物」に指定されています。

 

 

View this post on Instagram

 

이은아さん(@eunah_l)がシェアした投稿

 

浴場への入り口に描かれたタイル絵、男湯には薄雪の金閣、女湯には桜の清水が見事で、印象的です。脱衣場の仕切りにある、近江八景を題材に精巧に掘られた欄間もかっこよくて、こだわりがうかがえます。
庭には先先代から引き継がれてきたという、雪見灯篭があります。立派な雪見灯篭ですが、なぜかハートの模様が入っていてモダンな雰囲気。先先代が嵐山から牛車で引いてきたんだとか。お風呂上がりにはこの雪見灯篭を眺めながらくつろぐのも、贅沢なひとときですね。

 

 

View this post on Instagram

 

ツキャダさん(@t_ky_d)がシェアした投稿

 

広くはありませんが、綺麗にされた浴槽、壁際の蛇口の丸い鏡もかわいいし、柳行李のカゴの入ったガラス張りのロッカーやレトロな体重計、お釜型のヘアドライヤーなど、古くても丁寧に使われている愛らしさがあるアイテムも。
お湯は地下水を薪で沸かした、京都の昔ながらの銭湯そのもの。まったりとやわらかい熱めのお湯で、身体がポカポカ温まります。

 

 

View this post on Instagram

 

ぷじさん(@yoiyoi6no1)がシェアした投稿

 

まさに、京都の顔とも言える素晴らしい銭湯ですね。

 

 

 

CATEGORY: .KYOTO通信

あわせて読みたい

TOP
Loading...