.BASICが綴るブログ

京都のふたつの本願寺

 

みなさん、こんにちは。

 

今回は、京都市下京区にある「西本願寺」と「東本願寺」についてご紹介。

 

この東西ふたつの本願寺は、もとはひとつの「石山本願寺」という浄土真宗のお寺で、これは大阪にあったものなのです。

そこに、織田信長が退去を要求し、石山合戦が勃発しました。およそ11年という長きに渡って続いたこの合戦は、本願寺が信長に屈する形で、和解となったのです。

その後、豊臣秀吉にもその勢力を押さえ込まれ、大阪を転々としていましたが、そのうちに本願寺の教団は対秀吉抗戦派と穏健派に分裂して対立します。そうすると当然、穏健派が秀吉の支持を受け、現在の京都にある西本願寺の地に寺領を与えられました。これが現在の西本願寺。

 

 

View this post on Instagram

 

takaさん(@sagantokoya)がシェアした投稿

 

その後、徳川家康の時代になると、抗戦派へ本願寺の東側に寺領を与え、現在の東本願寺となりました。

 

 

View this post on Instagram

 

Kenichirou Hisatokuさん(@kyoto_ken)がシェアした投稿

 

豊臣秀吉は大阪にあった本願寺を京都へ移転させ、しかもその石山本願寺の跡地に大坂城を建てました。
徳川家康は、秀吉と親交のあった本願寺を東西に分断し、その勢力を削ぎました。

 

本願寺は、よほど力のある存在だったのでしょう。政治に利用され分断されてしまったものの、現在でもその立派な境内からは、影響力を感じることができます。

 

 

View this post on Instagram

 

@kuumillがシェアした投稿

 

とはいえ、対立していたこともありその遺構は真逆。
秀吉と親交のあった西本願寺には、絢爛豪華な秀吉らしい色や、それとは両極端な侘び寂びのような安土桃山文化の特徴が残っています。
対して東本願寺は江戸時代以降の文化が色濃く、家康がそうさせたのか、伽藍の配置から畳の向きまで、西本願寺とはなにもかも真逆になっているんだとか。

 

そういった歴史背景も踏まえて、ぜひセットで拝観してみてくださいね。

 

 

 

CATEGORY: .KYOTO通信

あわせて読みたい

TOP
Loading...