.BASICが綴るブログ

京都で天ぷらを食べよう!

 

みなさん、こんにちは。

 

今回は、京都にある天ぷら屋さんについて調べてみました。

 

 

View this post on Instagram

 

Mariko Yamazakiさん(@mariko47)がシェアした投稿

 

まずは京都の天ぷらといえば、八坂圓堂
こちらは明治43年創業の、元お茶屋さん。綿実油で揚げた、素材の美味しさを引き立てるあっさりとした天ぷらです。天ぷら15品に胡麻豆腐の変わり揚げ、サラダ、天茶か天丼またはご飯とかき揚げがついた清水コースは14,040円。名物のトウモロコシの天ぷらは蒸してから揚げていて、その甘さにびっくり。

 

 

View this post on Instagram

 

Âвву ℓιυ 🐣Ⅶ⋆Ⅱ⋆Ⅳさん(@abbyliu0724)がシェアした投稿

 

こちらは、京都の繁華街・河原町にある美久仁
水は、毎朝錦天満宮の井戸水を汲みに行き、それを使用します。海老などの魚介は泉州の泉佐野から、京野菜は錦市場や中央市場から。水にもネタにも、丁寧にこだわっています。なかでもおすすめは、直径10㎝以上もの太い堀川ごぼう。農家から直接仕入れているんだとか。天ぷらコースは3,000円~と、比較的リーズナブル。太白胡麻油と綿実油をブレンドした油でからりと揚げます。フランス産のゲランドの塩をつけて食べるのが、また美味しいんです。

 

 

View this post on Instagram

 

Tomohiko Kimuraさん(@kimura.tomohiko)がシェアした投稿

 

こちらは、京都大学の時計台が見える正門近くにある、かふう
気軽に天ぷらを味わってほしいということで、リーズナブルにいただくことができる嬉しいお店です。夜の天ぷら膳は1,800円。天ぷら8品にご飯と味噌汁が付いています。聖護院かぶらをすりおろして餅状にした、もちかぶらという天ぷらも、おすすめ。

 

 

 

CATEGORY: .KYOTO通信

あわせて読みたい

TOP
Loading...