.BASICが綴るブログ

グーグルのスタートアップ向けコワーキングスペース Google Campus

 

みなさん、こんにちは。

 

今回は、あのGoogleが手がけるスタートアップ向けコワーキングスペース、Google Campusについて調べてみました。

 

Google Campusは現在、マドリード、ロンドン、サンパウロ、ソウル、テルアビブ、ワルシャワ、ベルリンの世界7カ国にあります。

 

なんと、メンバーになると無料で利用することができるんだとか。Google Campusのホームページからあらかじめ利用登録を行います。そのとき、名前やメールアドレスのほかに、どういう目的で利用するのか、起業する場合はどんな分野でどういったことを目指しているかなど、細かく記入します。またロンドンのコワーキングスペースでは、その登録が終わるとCampus New Member Orientationというイベントに参加しなければいけません。このイベントに参加し、Google Campusの理念に共感して初めて、正式なメンバー登録が行われるのです。マドリードなどではこのイベントはなく登録のみでメンバーになることができますが、どちらにしても、真剣に仕事に向き合うメンバーが集まっているんですね。

 

 

View this post on Instagram

 

OFFICE architecture and designさん(@where.people.work)がシェアした投稿

 

世界中のGoogle Campusの統一された方向性として、

 

“Come Start Something
Strong community to show you the way.
Strong coffee to fuel the journey.”

“何かをするために集まり、
強いコミュニティを作り、
旅のためのコーヒーを飲もう”

 

というフレーズに表されているように、Google Campusにはどの国もカフェが併設されています。ゆったりとした雰囲気の中で仕事が出来る環境が作られているんですね。
テーブル席や個室、また一人で集中しつつも他の人とコミュニケーションを取りやすい半個室のような席も。その内装は国によって違いますが、どこもメンバーが快適に過ごせるように工夫されています。

 

 

View this post on Instagram

 

TeamDev – Brazilさん(@teamdevbr)がシェアした投稿

 

世界規模で起業を考えている方は、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

CATEGORY: コワーキング

あわせて読みたい

TOP
Loading...