.BASICが綴るブログ

京都の神社で夏越祓を体験してみよう。

 

みなさん、こんにちは。

 

 

「夏越祓(なごしのはらえ)」って、聞いたことはありますか?
夏越祓は6月、水無月に行われる神事なのです。6月30日かその近くの日程で、京都の各地の神社で行われます。

 

一年の折り返しである6月30日に、残りの半年の無病息災を祈願する、京都の神事。

 

 

小豆が乗った三角形のういろう、「水無月」という和菓子がありますよね。
じつはこれも、夏越祓の食べ物なのです。

 

housendoさん(@housendo.kyoto)がシェアした投稿

 

白い三角形のういろうは氷を表し、小豆の赤色には疫病の悪魔祓いの意味が込められているんです。
なぜ氷を表しているのかというと、平安時代の旧暦6月1日は「氷の節句」といい、この日に氷を食べて暑気払いをするという、宮中での風習があったのです。京都では、平安時代の昔からの風習を大切にしているんですね。
三角形に切り分けるというのも、四角の半分ということから、1年の半分を表しているとも言われています。

 

お菓子ひとつにいろんな意味や歴史があって、よく調べてみるとおもしろいですね。

 

Norico Fujiiさん(@norico5988)がシェアした投稿

 

神社によって作法は異なるようですが、夏越祓では基本的に、大きな茅の輪を3回くぐって穢れを祓い、身を清めます。
また、人形の紙に息を吹きかけたり身体を撫でて人形に穢れを移し、その人形を川に流したり、燃やしたりする神社もあるそうです。

 

京都のいくつかの神社で、体験できます。

 

有名なところは上賀茂神社。
ここでは神職が茅の輪をくぐった後にくぐるそうです。
また、人形流しも。境内を流れる楢の小川に流します。

 

貴船神社ではちょっと期間が長く、25日〜30日まで茅の輪くぐりができます。30日に併せて行けない人は、こちらがチャンス。
30日に人形流しが行われるようで、こちらでは貴船川に流します。

 

 

平安時代の宮中の風習、大祓。
京都の歴史を、体験をもって感じられますよ。

 

 

CATEGORY: .KYOTO通信

あわせて読みたい

TOP
Loading...