.BASICが綴るブログ

京都の夏の風物詩、祇園祭。

 

みなさん、こんにちは。

 

7月1日から、祇園祭がスタートしましたね。
これが始まると、いよいよ京都の夏!という感じがします。

 

祇園祭のハイライトは前祭宵山となる7月14日〜16日、7月17日と24日の山鉾巡行ですが、7月は1日〜31日までの1ヶ月間、ずっと祇園祭なんです。7月1日の吉符入にはじまり、31日の疫神社夏越祭で幕を閉じるのです。
その間、京都の街はいつもよりも一層にぎやかになります。

 

そこで今回は、祇園祭の見どころとなる主な行事をご紹介します。

 

Photographer Yuuki Murakamiさん(@youpv)がシェアした投稿

 

まずは先日の7月2日、くじ取式
これによって、今年の山鉾巡行の順番が決まります。今年は、前祭巡行の山一番が蟷螂山、後祭巡行の山一番が黒主山に決まりました。

 

7月10日、お迎え提灯・神輿洗
提灯を持って巡行し、市役所の前で踊りなどを披露したあと八坂神社へ戻って、神輿洗の神輿を迎えます。3基ある神輿のうち、中御座神輿を四条大橋へ運び出し、鴨川の水で洗い清めます。

 

masatoさん(@masato_ky)がシェアした投稿

 

7月11日〜14日にかけて、前祭鉾建て・山建てが行われます。
各町で、3日間かけて山鉾が組み立てられます。

 

 

そして7月14日〜16日の前祭宵山
この3日間は、各山鉾で夜は提灯が点火され、祇園囃子が奏でられて賑わいます。棒振りなどの催しがある町も。15日・16日は四条通り・烏丸通が歩行者天国となり、露店の出店もあるので、たくさんの人が京都へ訪れます。

 

7月17日、前祭山鉾巡行
午前9時、四条烏丸より。くじ取式で山一番となった蟷螂山から順に、23基の山鉾が巡行します。巡行のルートも決まっているので、先回りして各ポイントで待っておけば、山鉾の巡行を見ることができますね。
そして神輿が八坂神社から御旅所へ向かう神幸祭。これによって、神輿にのった神様が京都市内を清めて回るんです。

 

Photographer Yuuki Murakamiさん(@youpv)がシェアした投稿

 

7月18日~7月21日、後祭山鉾建て
後祭の10基の山鉾は、この時に組み立てられます。

 

7月21日~7月23日、後祭宵山
露天の出店はありませんが、山鉾の建てられている町内が車両通行止めになり、山鉾を見学して回ることができます。

 

7月24日、後祭山鉾巡行
午前9時半、後祭は烏丸御池から出発です。山一番の黒主山から順に、10基の山鉾が巡行します。それから、神輿が御旅所から八坂神社へ戻ってくる、還幸祭
後祭は、花傘巡行もあります。山鉾の古い形態を再現したもので、京都花街の舞踊や獅子舞、祇園囃子、舞妓さんを乗せた曳き車など、伝統芸能的な要素が色濃く、とっても華やかで素敵ですよ。

 

Naoki + eyesさん(@naeyes11)がシェアした投稿

 

そして、7月28日の神輿洗
10日と同じように四条大橋の鴨川で神輿を洗い清め、神社へと戻します。

 

kazuhiro715さん(@kazuhiro715)がシェアした投稿

 

華やかな部分にだけ目が向きがちですが、実は1ヶ月間ずっと行われている祇園祭。この1ヶ月間はぜひ、京都の夏を体感してくださいね。

 

 

CATEGORY: .KYOTO通信

あわせて読みたい

TOP
Loading...