.BASICが綴るブログ

世界初のコワーキングスペース シチズン・スペース

 

起業家が多く集まるサンフランシスコのシリコンバレーは、コワーキングスペースの発祥の地と言われています。

 

企業に属さず個人で働くスタイルをとる人も多く、事業が急に拡大する可能性もあるためオフィスを契約しにくいということも。そんな新しい働き方によって生まれてきた需要から、
世界初のコワーキングスペースである「シチズン・スペース」は、2006年に開設されました。

 

David F Changさん(@davidfchang)がシェアした投稿


 

ビルの1階部分にあり、レコーディングスタジオを改装して作られたコワーキングスペース。
このオフィスで働く人たちはテクノロジー系の職種をはじめ、デザイナー、ライター、コンサルタントなど、フリーランスやスタートアップの起業家が多いそうです。

 

会員は24時間、年中無休で利用することができます。また、非会員向けのドロップインも用意されていて、こちらは10時から18時まで。

 

Robert Perryさん(@robertp3rry)がシェアした投稿

 

有名なグーグルのオフィスのように、快適な環境を提供したい。そういった思いで開設されたのだそうです。

パーテーションなどはなく、吹き抜けの高い天井、壁の色や、モダンなインテリアなど。とてもオシャレでオープンな空間となっています。FAXやプリンター、会議室などもあって、すぐに仕事をはじめて没頭することができ、また雑談のできるソファー席や、共用のキッチンなど、オフィスで働く人たちがコミュニケーションをとることのできる空間も用意されています。

 

Robert Cuadraさん(@robertcuadra)がシェアした投稿

 

コワーキングスペースの先駆けとして世界中で知られているシチズン・スペースですが、創業当初は施設自体をビジネスにしようとしていたのではなく、個人が同じ場所で働くことでコストを削減しつつ、ビジネスを発展させることが目的だったのだそうです。

 

ほかの人と同じ空間で働くことで刺激となり、別の職種や立場の人と出会うことで、まさにビジネスが成長していったんですね。

CATEGORY: コワーキング

あわせて読みたい

TOP
Loading...