.BASICが綴るブログ

単なる京都の観光地ではない!? 清水寺

 

みなさん、こんにちは。

 

前回、かつては処刑場だった三条河原町をご紹介しましたが、その記事の最後に葬送地として「鳥辺野」の名前を挙げました。
その鳥辺野という場所にあるのが、あの有名な観光地、清水寺なんです。

 

京都の地名で、最後に「野」がつく場所は、その昔は死体置き場、風葬の地だったそうです。
嵐山の北にある化野(あだしの)、船岡山のあたりにある紫野(蓮台野)、そして、清水寺のあたりにある鳥辺野は、京都の三大風葬地と呼ばれています。当時は、お墓に埋葬されるのは身分の高い人のみで、それ以外の人は、亡くなるとその死体を捨て置いて鳥や虫が屍肉を食い尽くすままに放置する、風葬が主流でした。

 

 

化野の「あだし」とは、古語で「悲しい」という意味。かつて「あだしなる野辺」と呼ばれていたのが、現在の化野という地名になったと言われています。

 

@moon_kateさん(@moon681226)がシェアした投稿

 

紫野は、染料に使う紫草が生えていたことから付いた地名ですが、そのうち船岡山の北西あたりを蓮台野といい、ここが風葬地だったようです。千本通はそこまで死者を運ぶ道だったため、死者を弔うために千本の卒塔婆が立ち並んでいたことから、その名前が付いたんだとか。千本通の船岡山の手前に「閻魔前町」という地名がありますが、これも、あの世への入り口であることから付けられた地名なんだそうです。

 

幸子さん(@satico471)がシェアした投稿

 

そして、清水寺のある鳥辺野。これは、死者を木に吊るし、その屍肉をカラスなどの鳥に食らわせる鳥葬を行なっていたことから付いた地名です。

 

清水寺は、それら死者の霊を供養するために、音羽の滝の近くに社を建てたのが始まりだとも言われています。本殿が山の高い場所にあるのは、死体の臭いがあまりにも強かったため、また、清水の舞台が突き出しているのは死体を谷に投げ捨てるためだった、という説もあるんです。

 

清水の舞台から飛び降りる、、、なんて言いますが、自ら飛び降りる人だけでなく、亡くなったらその死体を投げ捨てる場所でもあったんですね。

 

CATEGORY: .KYOTO通信

あわせて読みたい

TOP
Loading...