.BASICが綴るブログ

京都から冥界への入り口!? 六道珍皇寺

 

みなさん、こんにちは。

 

今回は、京都市東山区にあるお寺、六道珍皇寺をご紹介。

 

内藤直人さん(@natchinknighthope)がシェアした投稿

 

「六道」とは、仏教の教義でいう地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅(阿修羅)道・人道(人間)・天道の六種の冥界のこと。人は、因果応報により、死後はこの六道を輪廻転生すると言われています。その冥界への入り口、つまり、この世とあの世の境目となるのが、この六道珍皇寺の境内あたりであると信じられているんです。

 

先日の記事で、清水寺のあたりは昔、鳥辺野という死体置き場だったということはご紹介しましたよね。
六道珍皇寺が冥界への入り口であると言われるのも、その鳥辺野へ至る道筋にあるためだとされているんです。

 

K.I.M.A.Lさん(@k.i.m.arch.lab)がシェアした投稿

 

また、平安初期の官僚・小野篁が夜毎に冥府へ通うため、お寺の本堂裏庭にある井戸を入り口に使っていたという伝説もあります。小野篁が閻魔王宮の役人でもあったというこの不思議な伝説は、「今昔物語」などにもみられ、平安末期頃にはすでに語り伝えられていたようです。

 

 

そんな六道珍皇寺では8月7日〜10日の4日間、「六道まいり」が行われます。この風習は「お精霊さん迎え」とも言われ、お盆に冥土から帰ってくる精霊をお迎えするために、この六道珍皇寺を参詣します。

そして、8月16日の五山送り火で、冥土へ戻って行く精霊をお送りするのです。

 

CATEGORY: .KYOTO通信

あわせて読みたい

TOP
Loading...