.BASICが綴るブログ

【Instagramで京都探訪記】一条通

 

みなさん、こんにちは。

 

今回は、京都市の東西の通り、一条通をご紹介。

東は烏丸通から、西は京都市右京区の宇多野まで。京都の通り名の数え歌には入っていない通りなのでピンと来ないかもしれませんが、一条通の名前のとおり、洛中の横でいちばん若い通りです。

 

・・・

 

 

Cafe1001

こちらは、京町家のブックカフェ。本棚には、猫の本や藤子・F・不二雄、ポップカルチャーなどの面白そうな本が、なんと2000冊以上!木のぬくもりを感じる店内で、好きな本が楽しめます、、、が、このカフェにはもう一つの顔が。それは、「チョコミン党の聖地」。チョコミントのパフェやドリンク、ケーキなど、チョコミント好きにたまらないここだけでしか味わえないメニューがいただけます。

 

・・・

 

M.ozaki♂さん(@ozacom)がシェアした投稿

 

大将軍商店街 妖怪ストリート

平安時代、この一条通(大将軍商店街付近)に「百鬼夜行」という怪異伝説がありました。夜の町辻を、妖怪が行列をなして行進するというものです。古くなって捨てられた器物が、付喪神(つくもがみ)という妖怪になると信じられ、この妖怪達が夜の一条通を行進すると考えられていたんです。そのため、現在の大将軍商店街には、妖怪のオブジェがあったり、飛び出し坊やが妖怪だったり、また、コミュニティーホールには「百鬼夜行資料館」が開設されています。

 

・・・

 

 

虎屋菓寮 京都一条店

こちらは、羊羹で有名なとらやが運営する茶寮です。羊羹はもちろん、あんみつや葛切、お抹茶など、とらやの和菓子や甘味などをこちらでいただけます。室町時代に創業されてからずっと、この場所、京都御所の西側に佇んでいます。テラス席からは立派なお庭を眺めながら、なんとも京都らしい時間を過ごすことができそう。

 

・・・

 

晴明神社さん(@seimeijinja)がシェアした投稿

 

一条戻橋

堀川にかかっている橋。これは1995年に架け直されたもので、本来の橋は794年の平安京遷都とともに架けられたと伝えられています。その当時の欄干の柱を使った縮小版の戻橋が、晴明神社に復元されています。名前の由来は平安時代、葬儀の列がこの橋を渡った時に、死者が一時蘇生したためといわれています。嫁入り前の娘やその家族は、嫁に出た娘が実家に戻ってくることの無いよう、戻橋には近づかないという風習もあるんですよ。

 

・・・

 

いかがでしたか?
現在は一方通行の小さな通りですが、平安京では一条大路と呼ばれた重要な通りでした。その頃の面影はあまり感じられませんが、、、京都らしい静かな路地、ぜひ散歩してみてくださいね。

 

 

CATEGORY: .KYOTO通信

あわせて読みたい

TOP
Loading...