.BASICが綴るブログ

京都の十五夜、月を愛でる観月祭。

 

みなさん、こんにちは。

 

中秋の名月とは、旧暦の秋の真ん中、八月十五日の夜の月のこと。だから十五夜というんですね。
今年は、9月24日。名月とは、秋の夕べにひときわ大きく輝く満月のことですが、この日が必ず満月になるわけではありません。雲などに隠れて月が見えないことを「無月(むげつ)」、中秋の夜に雨が降ることを「雨月(うげつ)」と言ったり、また、お月見の季語にも「名月」「待宵(まつよい)」「十六夜(いざよい)」などとあるように、十五夜前後も月を愛で、お月様が見えない夜でも、なんとなくほの明るい夜の風情や宴を楽しむのです。

 

Katsu H.さん(@kwc_photo)がシェアした投稿

 

京都では、月を愛でる観月祭が各所で行われます。晴れれば、雅楽器の演奏やお食事とともに、美しい月を拝めることでしょう。

 

京都市右京区にある、大覚寺の大沢池。ここでは船を浮かべて観月を楽しむ、とっても風流で雅な催しが行われます。水面に映る月明かりが揺れ動くのを楽しみながら、まるで平安時代の貴族になったような気分を味わえそうですね。

 

 

また、京都市上京区の北野天満宮では、定番の月見団子のほかにずいきや里芋を供えて名月を鑑賞するんだとか。この十五夜の時期はちょうど里芋の季節。その収穫を感謝してお供えすることから、この日は「芋名月」とも呼ばれるそうですよ。

 

どうか晴れることを願って、十五夜の夜を楽しみましょう。

 

 

CATEGORY: .KYOTO通信

あわせて読みたい

TOP
Loading...