.BASICが綴るブログ

歴史がわかる、京都の地名の由来。

 

みなさん、こんにちは。

 

京都の街を歩いていると、もしくは地図を見ていると、なんで?というような不思議な地名があったりしますよね。

 

たとえば、京都市下京区、五条西洞院あたりの天使突抜
平安京の時代から、この場所には少彦名命(すくなひこなのみこと)、別名・天使様を祭神とし、天使社と呼ばれる神社、五條天神宮がありました。豊臣秀吉の京都改造の際、この天使社の境内を突き抜ける道を作り、それからこの辺りを「天使突抜」と呼ぶようになったのです。天使様を避けず強引に道をつくった豊臣秀吉への、皮肉のようにも感じられますね。

 

 

View this post on Instagram

 

🔹🔷 Jamijay 🔷🔹さん(@nu_jamijay)がシェアした投稿

 

京都市右京区の西院
阪急の駅名は「さいいん」となっていますが、京福電車・嵐電の駅名は「さい」となっています。現在では、一般的に「さいいん」の呼び名で知られていますが、本来の呼び方は「さい」。平安京の時代、このあたりから西は魔界とされていて、三途の川の河原、つまり、賽の河原だったと考えられていたんです。高山寺には、「西院(さい)之河原旧跡」の碑も見られます。
「賽」とは、親より先に亡くなった子どもが、親不孝の罰として積む石のこと。何度積んでも鬼がそれを倒しに来てしまい、それが永遠に繰り返されるんだそうです。

 

 

View this post on Instagram

 

Kenichirou Hisatokuさん(@kyoto_ken)がシェアした投稿

 

京都には、まだまだ歴史ある不思議な地名がたくさんあります。
あなたの住む街の名前には、どんな歴史があるんでしょうか?

 

また面白い地名をみつけたら、取り上げてみたいと思います。

 

 

CATEGORY: .KYOTO通信

あわせて読みたい

TOP
Loading...