.BASICが綴るブログ

日本で最初に路面電車が走った街、京都。

 

みなさん、こんにちは。

 

京都は、日本でいちばん最初に路面電車が走った街だということを、ご存知ですか?

 

 

View this post on Instagram

 

H.itoyanさん(@h.itoyan)がシェアした投稿

 

最初の路線はなんと1895(明治28)年、現在のJR京都駅付近にある七条停車場と、伏見区下油掛町の間を行き来した伏見線でした。
明治期の殖産興業政策の一環として、京都市左京区の岡崎で第4回内国勧業博覧会が開催されたのです。それに伴い路面電車が開通され、来場者の交通手段として活躍しました。
当初は約6kmだった路線はどんどん延伸され、1958(昭和33)年には約74kmにもなり、京都市内を網羅しました。

 

開通当初は民営でしたが、1918(大正7)年に京都市営となり、「市電」と呼ばれて親しまれるようになったのです。
市電のピークは1963(昭和38)年。1日に約60万人が利用するようになりました。

 

市電は、出発の際に鐘を2回鳴らすことから「チンチン電車」とも呼ばれ、親しまれていました。

 

 

View this post on Instagram

 

H.itoyanさん(@h.itoyan)がシェアした投稿

 

「烏丸御池」などのように縦横に交差する通りの名前を停留所名とすることが多かったそうです。また「金閣寺道」などのように、名所などわかりやすい場所の近くは「〜道」や「〜前」などの停留所名に。現在の市バスで使われている停留所名は、この頃からあったんですね。

 

 

View this post on Instagram

 

H.itoyanさん(@h.itoyan)がシェアした投稿

 

そして京都といえば、祇園祭。現在でも変わらず、山鉾巡行が行われる際には約30mにも及ぶ高さの山鉾が大通りを通過します。そのため祇園祭のときは、電車に電気を送る架線を一時的に切断していたんだとか。その間を通過する際は、手前で勢いをつけて走っていたそうです。
勢いが足りずに電車が止まってしまうこともあり、そのときは駅員さんが電車を押して通過していたそうですよ。

 

祇園祭に影響される市電。
京都らしいエピソードですね。

 

 

CATEGORY: .KYOTO通信

あわせて読みたい

TOP
Loading...