.BASICが綴るブログ

京都の街を取り囲む、御土居。

 

みなさん、こんにちは。

 

豊臣秀吉が天下統一と同時に行った京都改造の一環で、京都の街をぐるりと一周するよう築かれた土塁のことを、御土居と言います。

 

 

View this post on Instagram

 

gatheringさん(@gathering0426)がシェアした投稿

 

北は鷹峯、南は九条、東は鴨川、西は紙屋川までの全長約24kmにおよび、この内側を洛中、外側を洛外と呼んで区別するようになりました。
要所に洛中と洛外の出入り口となる「七口」が設けられ、「鞍馬口」や「大原口」など現在の地名にもその名残が見られます。ぜんぜん鞍馬じゃないのに鞍馬口という地名だったり、ぜんぜん大原じゃないのに大原口という地名がついているのは、その場所へ通じる出入り口だったからなんです。

 

 

View this post on Instagram

 

鯵坂 翔太朗さん(@shotaro_ajisaka)がシェアした投稿

 

御土居が築かれた理由は、様々な見解があります。
敵の襲来に備えるためや、逆に罪人を京都から逃がさないようにするため、また、鴨川の氾濫を防ぐため、京都の街の美観を整えるためなど、、、その理由ははっきりとはわかっていないようです。

 

その形状は、高さ約5mの台形状の土塁。その外側には、深さ最大約4mの堀があります。御土居の上には美観のため、竹が植えられました。現在でも、北区大宮土井町の御土居など、竹が植わっていますよね。
土塁を作るための大量の土をどこから調達したのかはわかっていませんが、御土居からは多くの石仏が出土しています。

 

 

View this post on Instagram

 

優太朗さん(@skyuta28)がシェアした投稿

 

現在でも数箇所に御土居の遺構が残っていて、そのうち9箇所が史跡として指定されています。
約250mにわたって残る北区大宮土井町の御土居は、外側からの見学のみですが、保存状態が最もよく、土塁と堀の構造がよくわかりますよ。また、北区鷹峯旧土居町の御土居は実際に登ることができ、その高さがよくわかっておもしろいんです。ほかにも、北区平野鳥居前町の御土居はその形状がはっきりと確認でき、御土居から出土した石仏もまつられています。
ちなみに、JR京都駅の0番ホームは、かつての御土居の上にあたるそうですよ。

 

秀吉がつくった京都の街の遺構を、ぜひ感じてみてくださいね。

 

 

 

CATEGORY: .KYOTO通信

あわせて読みたい

TOP
Loading...