.BASICが綴るブログ

京都の誕生日、歴史と文化がつめ込まれた時代祭。

 

みなさん、こんにちは。

 

桓武天皇が794年に長岡京から平安京へ都を移した日、つまり、京都の誕生日である10月22日に開催される時代祭
1895(明治28)年に、平安神宮の創建と、平安遷都1100年を奉祝する行事として始まりました。

 

 

View this post on Instagram

 

@gaapliteがシェアした投稿

 

京都最初の桓武天皇と最後の孝明天皇の御神霊に、京都市の安泰と繁栄、進化をご覧になっていただくため、2基のお御輿と各時代の時代絵巻のような行列が京都市内を巡行します。行列は明治維新から始まり、次いで江戸、安土桃山、室町、吉野、鎌倉、藤原、延暦と8つの時代を遡るように列をなします。牛や馬を含む総勢約2000名で構成され、約2kmもの長さの列で約3時間に渡って御所から平安神宮へと向かいます。

 

 

View this post on Instagram

 

祭り広場 京都🇯🇵JAPAN Festival Plaza🗾さん(@amano.jun)がシェアした投稿

 

「一目で京の都の歴史と文化が理解できるものを」「京都をおいて他にはまねのできないものを」と、京都人の誇りがふんだんに織り込まれています。綿密な時代考証を重ねられた衣装、祭具は約1万2000点にも及び、京都の伝統の技をもってそれぞれの時代を細部まで再現されており、その豪華絢爛な行列はまさに「生きた時代絵巻」です。

 

 

View this post on Instagram

 

Runaさん(@runa3919)がシェアした投稿

 

約2kmにおよぶ行列ですから、先頭から最後尾が通過するのを見るには1時間半程度はかかります。

 

京都御所、御池通、平安神宮道には2000円の有料観覧席が設けられるので、ゆっくりと見物したい方はここを確保しておくのがおすすめ。行列が目の前に来た際に、マイクで案内をしてくれるのもうれしいですね。

 

2時間から3時間前に場所取りは必須ですが、無料で見ることのできる場所もあります。京都御苑内や、河原町〜神宮道間の三条通りなんかは、道も広く写真撮影がしやすいのでおすすめ。特に京都御苑内であれば、周りにビルなどの建物がなく、まさに時代絵巻のような写真が撮影できそうですね。

 

 

View this post on Instagram

 

@gaapliteがシェアした投稿

 

祇園祭、葵祭と並ぶ京都三大祭のひとつ。
華やかな時代祭りを、ぜひ観に行ってみてくださいね。

 

 

CATEGORY: .KYOTO通信

あわせて読みたい

TOP
Loading...