.BASICが綴るブログ

不吉過ぎて変更された京都の地名。

 

みなさん、こんにちは。

 

京都市東山区の宮川町をもう少し東へ行ったあたりに、「轆轤町」という地名があるのをご存知ですか?
これは「ろくろ町」と読みます。
清水焼の五条坂が近いので、陶器を成形するのに回すあの「ろくろ」のことかと思いきや、実は、かつてはまったく違う地名だったのです。

 

 

View this post on Instagram

 

maruさん(@yui_lalam)がシェアした投稿

 

かつては、「髑髏町」と呼ばれ、ドクロがその地名の由来でした。
なぜこんな不吉な地名だったのかというと、やはり五条坂、清水寺周辺に近いため。京都が都だった平安時代以降、このあたりは鳥辺野と呼ばれる死体置き場、埋葬地だったのです。このお話は、以前にもご紹介しましたよね。このため、人骨、つまり髑髏がいたるところに転がっていたそうです。そのため、「髑髏町」なんて不吉な地名で呼ばれるようになりました。

 

しかし、それがあまりにも不吉すぎるということで、江戸時代の初期に「轆轤町」と改名されたんだとか。

 

 

View this post on Instagram

 

eriさん(@eriiiiiii_n_1323)がシェアした投稿

 

この轆轤町のあたりは「六道の辻」と呼ばれ、あの世とこの世の境目だと考えられていました。
ちなみにその六道の辻の碑の前に、幽霊子育飴という飴を販売しているお店があるのをご存知でしょうか?甘さ控えめで素朴な美味しさの飴ですが、これまた不吉な名前です。

 

 

View this post on Instagram

 

@sherrystagram_officialがシェアした投稿

 

慶長の頃、毎晩夜遅くに飴を買いに来た女性がいました。しかしその女性から受け取ったお金は、翌朝見ると木の葉に変わっていたのです。それを不審に思った店主がある晩にその女性のあとをつけると、墓場へ入って姿を消してしまいました。すると、その墓からは赤ん坊の泣き声が。寺に事情を話してその墓を掘ってみると、飴をしゃぶった赤ん坊が出てきたんだとか。そこは、子どもを身ごもったまま亡くなってしまった女性の墓だったそうです。死後に生まれた赤ん坊のため、母親が幽霊となって飴を買い、子どもに与えて育てていた、という伝説です。

 

その赤ん坊はその後、高名な僧になったんだとか。
不吉な名前ですが、こちらはとても素敵なお話ですね。

 

 

 

CATEGORY: .KYOTO通信

あわせて読みたい

TOP
Loading...